ジバンシィ プロフィール

ジバンシィの創設者、ユベール・ド・ジバンシィは、1927年2月21日、パリ郊外のボーヴェで生まれる。古い由緒ある貴族家系出身の彼は、若い頃よりモードの修行を積み、エルザ スキャパレリのモデリスト兼主任となる。1951年、24歳の若さで初コレクションを開いた。コレクションでは資金面の問題もあり、比較的安い素材である、コットン素材のシンプルなドレスやブラウスを発表する。それでもシャツ地で作った開襟、ラッフル袖の「ベッティーナ・ブラウス」は話題を呼び、その斬新なアイデアとシャープな感性が絶賛され、「モードの神童」と呼ばれるようになった。自信を持った彼は、1952年2月2日、ジバンシィ社を創立し、1954年には、オードリー・ヘップバーン主演の映画「麗しのサブリナ」の衣装を手がけることになる。女性の体のラインを美しく見せるディオールのニュールックとは対照的で「自由」で体のラインを強調しないスタイルが、オードリー・ヘップバーンにマッチし、その後もジバンシィは、彼女に「ティファニーで朝食を」「おしゃれ泥棒」などで衣装を提供し続け、彼女は、ジバンシィの象徴となった。その影響もあり、1955年に「自由なライン」として発表したウエストもヒップもないシュミーズドレスが「革命的な衣装」として反響を呼ぶ。設立してわずか4年で人気ブランドとなったジバンシィは、1956年、レディースウェアライン「GIVENCHY UNIVERSITY」を発表する。1962年に香水を発表すると1972年に男性用化粧品を発表した。そして1973年には、メンズウェアラインを発表し、総合ファッションブランドとして成長していった。
 1987年LVMH社が香水関連の会社パルファム・ジバンシィを買収、翌年の88年にジバンシィ(クチュール)を買収。ユベール・ド・ジバンシィは名誉会長兼芸術部門の責任者として創作活動に専念し、1995年オートクチュール・コレクションを最後に引退する。ユベールの代わりにジョン ガリアーノがデザイナーに抜擢されるが、翌96年にはディオールのデザイナーに就任してしまう。その後、アレキサンダー・マックイーンがオートクチュールとプレタポルテの主任デザイナーに就任する。2000年春夏よりマックイーンはメンズラインも手がけ、ジバンシィが再び隆盛期を迎えた。しかし、これまでのジバンシィ色は薄れ、マックイーン色が強くなったことから、プレスからは批判を受けることもあった。マックイーン自身もジバンシィのデザイナーを引き受けたことは失敗だったと語っている。そして、マックイーンは自社株の大半をグッチグループに売却してしまう。これを機にLVMHグループとの関係が悪化し、マックイーンはジバンシィを離れることになった。
 2001年秋冬より、ジュリアン マクドナルドがオートクチュールとプレタポルテの4代目の主任デザイナーに就任する。そして、ファーストコレクションはオードリー・ヘップバーンとジバンシィの回顧展的な内容だったので保守的なファンは喜んだが、大ヒットには至らなかった。2005年秋冬より、リカルド ティッシがレディースウェアラインのクリエイティヴ・ディレクターを務め注目を集めた。現在はティッシがメンズ・レディースともに手がけており、2008年、マドンナがワールドツアーにて、ジバンシィのドレスを着用して話題となった。2014年には、日本初の路面店が表参道にオープンする。

gv-ctg.jpg

サブコンテンツ

Time Passenger

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Favorite One

このページの先頭へ